×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肋間神経痛 - 肋間神経痛の原因と治療のヒント

肋間神経痛とは、神経痛の一つで肋間神経に激痛が走るものです、肋間神経痛、坐骨神経痛、三叉神経痛を三大神経通とよびますが、ここでは肋間神経痛の原因されているストレス・脱臼・椎間板ヘルニア・腫瘍・感染症について治療の方法を提供していきたい。

サイトトップ > 肋間神経痛 ストレス

    

肋間神経痛 ストレス

肋間神経痛はストレス他、様々な原因で発症する事が確認されています。

肋間神経痛の一般的な原因

生活習慣(咳・くしゃみ・あくび・日常の様々な定型動作)によるもの
外傷(車の事故、災害、また様々なケースで発生する骨折・脱臼)によるもの
原因のところで説明したヘルペスウイルスによるもの
一般的に腰の病気として認知のある、椎間板ヘルニアによる肋間神経痛
内臓疾患などからくる肋間神経痛
神経根の障害などからくる肋間神経痛

 そして”ストレス”が挙げられます。

ストレスによる肋間神経痛も同様に、肋骨に沿った部分や背中に突発的な激しい痛みが生じ、 中には慢性化してしまうこともあります。 肋間神経痛でストレスが原因の場合は、長時間の精神的な苦痛・緊張によって引き起こされる場合が多いようです。

私たち人間は緊張すると、首から背中にかけて負担がかかります、良く言う言葉に「肩で呼吸をする」とありますが、疲れや過度のストレスなどによる緊張で呼吸が浅くなった状態いいます。


この緊張状態が長く続くと、背中の筋肉は収縮したままとなるために、やがて背中の痛みを引き起こしひどくなると痛みを生じます。これを肋間神経痛のストレス的原因と呼びます。

現代社会はストレス社会とも言われるくらいに多くの人々が何がしかのストレスを抱えて生活しています、今ストレスのない人でも、その立場や状況が変化する事によってすぐにストレスの餌食になってしまうのです。現に肋間神経痛以外でも多くのストレス性(心因性)疾患があり、また患者数も増えているのが現状です。

このストレスで起こる肋間神経痛は、普通は一時的なことが多く、安静や十分な休息をとって生活リズムを取り戻せば、自然に治癒していきますが、ストレスコントロールが上手くできずに肋間神経痛が改善しない・逆に悪化した等のケースの場合は、お医者様に相談しましょう。

医師の判断などで、抗不安薬や自律神経調整薬を服用することをお薦めします。また、世の中には色々なリラックス法があるようです、インターネットなどで”自律神経系の安定方法”などと検索すればたくさんでてきますので、自分にあったリラックス方法を試してみるのも良いのではないでしょうか。

自律神経が崩れると、肋間神経痛や様々な病気になる事は理解していただいた通りです、そして自分にあったリラックス方法も確立して欲しいのですが、基本的には生活習慣だと言われています。食生活・適度な運動・十分な睡眠を取るようにまずは心がけたいものです。