×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肋間神経痛 - 肋間神経痛の原因と治療のヒント

肋間神経痛とは、神経痛の一つで肋間神経に激痛が走るものです、肋間神経痛、坐骨神経痛、三叉神経痛を三大神経通とよびますが、ここでは肋間神経痛の原因されているストレス・脱臼・椎間板ヘルニア・腫瘍・感染症について治療の方法を提供していきたい。

サイトトップ > 肋間神経痛 治療

    

肋間神経痛 治療

肋間神経痛の治療ですが、少しまとめてみましたので参考にして下さい。

安静保護(家庭での治療法)

肋間神経痛が激しい場合、病院をお薦めしますが家庭で出来る事として安静保護があります。なるべく痛みがない姿勢をさがして安静にします、そして患部を温めることによって治療を行うものです。(温熱療法とも言われます)食事もビタミン類を多く摂取するように心掛け、内臓に刺激の強いものは避けるようにしていきましょう。

薬による肋間神経痛の治療

肋間神経痛の痛みがある時などに、医師の処方により薬を服用することによって、痛みを和らげる事ができる治療法です。 最近薬は薬局以外、インターネットなどで購入する事もできますが、正しい知識のもとで服用するようにして下さい、従って病院もしくは医師の処方の元での薬局などをお薦めします。

神経ブロック注射治療

肋間神経痛の症状が酷い場合、即効性がある治療法として、痛みのある患部に薬物入りのを注射をして症状を和らげる治療法です。効果としては内服液や点滴といった治療法よりも効果的で 痛みに耐えかねる人がよく利用しています。

肋間神経痛の理学療法

整形外科などで主に行われている肋間神経痛の治療です。方法は肋間神経痛ある患部を牽引したり、コルセットによる固定及び、肋間神経痛の部分を暖める温熱療法などが一般的です。


外科的手術

肋間神経を圧迫している要素を手術で取り除きます。 一般的には発症してすぐに手術になるケースは少ないと思われます、専門医師の周到な診察の結果で手術が決定します。


肋間神経痛の鍼灸法

神経痛のひどい患部にお灸をして痛みを緩和する治療法です。意外と知らないのですが、この治療法は医師の同意書もしくは診断書があれば健康保険の適用ができます。

整体による肋間神経痛の治療

いわゆる、整骨院などが該当します。肋間神経痛の中でも骨格の歪みを原因とする場合は骨格矯正を行う整体が効果的と言われています。この東洋医学の療法ですが、一昔前に毛嫌いされた時期がありました(医学的根拠に乏しいとの理由)が現在では、漢方も含めて西洋医学と融合して治療を行う方向にあります。

カイロプラクティック療法

今度は西洋医学の手技療法です、先ほどの整体と同じで骨格矯正をする治療法です。 骨格の歪みによる圧力が主な原因の肋間神経痛には効果的と言えます。

様々な要因で起こる肋間神経痛ですが、原因の特定・早期の治癒を考えて行く為には発症した患者さんの正しい問診が欠かせません、痛みも種類がありますので自分の表現で構いませんが、どこが・どのように・どれくらい痛い、最近の行動で何をしたら痛くなったとか、内臓疾患などの持病がある、元々腰痛持ちなど、事実の事象や気になることも含めてきちんと医師に伝えましょう。問診で案外出来ないものです。